パソコンを始めたきっかけ。

パソコンを始めたきっかけ。

最近特に思うようになった事ですが、パソコンを覚えた事は私にとって一番の特技になったのではないかと思います。

勉強もあまり出来ず、運動もそこそこしか出来ない私ですが。

パソコンを使って何かをする事には自信が持てる事があります。

現在では携帯電話が更に進化を遂げ、パソコンの必要性も少なくなっています。

それでも私は携帯よりもパソコンを愛用しているのではないでしょうか。

私が小学生の頃には、既に授業にはパソコンの授業が組まれていました。

簡単な文字入力やカレンダーの作成、ゲームで遊んだりなど。

授業の一環だと言うのに、とても楽しみで仕方が無い時間だったと思います。

私は小学生低学年の頃から祖母にパソコンを教えてもらっていました。

教えて貰って居たと言うよりは、半強制的に覚えさされたのだと思います。

祖母は若い頃から会社でパソコンを使って仕事をしていたからか、当時の私にはパソコンの上級者と言うイメージがありました。

祖母はいつも私に「パソコンは使えた方が良い」と言っていました。

その為時間がある時などには、ローマ字を教えてもらっていました。

あまり勉強が得意では無い私には、ローマ字を覚える事すらも難しかったと思います。

それでも祖母はパソコンで作成したオリジナルのローマ字表を作ってくれたり。

練習用にテキストなども作ってくれたりもしていました。

ローマ字も打ちながら覚えて行き、今度はワードやエクセルなどの使い方も序所に習って行きました。

その当時私は「何でこんな事をしなければいけないのだろう」と疑問に思っていました。

小学生の頃は外で遊んだりする方が好きだったからかもしれません。

今では独自で覚え祖母よりもパソコンを使う事においては上達をしたと思います。

それでも祖母に教えてもらって居なかったと思うと、こんなにパソコンを好きになる事は無かったのではないかと思います。

今となっても祖母への感謝の気持ちはとても大きい物だと思います(^^)

商標登録

初めてお友達と公園で遊びました

娘の幼稚園は平日2時30分までの普通保育に加え、

毎週第1、第3、第5土曜日にも半日保育が行われます。

先週土曜日も半日保育があり、バスに乗って帰ってくる娘を迎えに行くため、

私はいつも通りの時間に軽装でバス停まで出かけました。

そしていつも同じバス停で降りる仲のよい男の子と降車し、一緒に帰ろうとすると、

二人は私たち母親に「お願い!!今日は二人で公園で遊ばせて」と言うのです。

二人は年少の頃から仲良しで、幼稚園でもいつも一緒に遊んでいましたが、

お互い習い事があったりして、幼稚園外で遊んだことは一度もありませんでした。

いきなりの申し出に、私たち母親はとても驚きましたが、

私の方も男の子のママの方にも午後の予定はなかったため、一緒に遊ぶことになりました。

私は少し公園で遊んで、帰る程度だろうと思っていたのですが、

その公園は子供にとって、とても魅力的な公園で広い広場に滑り台、

鉄棒にジャングルジム、ブランコなどとても施設が充実していて、娘の目にはとても輝いて見えたようです。

二人の遊びは、なかなか終わることなく、幼稚園の制服のまま30分以上遊びまわっていました。

私ともう一人のママは、その様子を見守っていました。

懇談などでは幼稚園で仲良く遊んでいるとは聞いていましたが、

実際に遊んでいる所を見たことはほとんどなかったので、

二人でいろいろ話しながら、仲良く遊んでいる姿を見ることができて、私は少しホッとしました。

元々、私も娘も現在の地で産まれ育ったわけではないので、

家の周りにはその男の子のように遊べるような友達はなく、休日などは親子で過ごすことが多かったのですが、

子供同士、幼稚園以外で遊ぶということも大切なのだということに気がつきました。

その後も二人は遊び続け、お互い喉が渇いた時点で公園遊びは終わりました。

娘の顔には、幼稚園とはまた違った達成感がありました。

残念ながら、その男の子とは小学校が別になります。

しかし卒園までたくさん遊んで、いい思い出を作ってくれたら・・・と思う今日この頃です。